レスキュー225 デイトレードで勝つためのブログ

日経2225ミニ先物をトレードする方は年々増加していますが、その大半が一般株の投資の延長のようなトレードをしてしまい損失に終わっているようです。当サイトでは、日経225のデイトレードで勝つためのセオリーやヒントを公開しています。
<< 意外に多い、「レスキュー225 口コミ、紹介」のお客様 | main | まずは想定を当てること! >>
保ち合い相場対処法
0

    毎日更新するブログはこちらに移転しました。

     

    保ち合い相場をどう攻略するかはとても重要な要素です。トレンドが分かりやすく長続きすればトレードはカンタンです。でも、そんな相場はありません。むしろ、人間と同じで動いたら休む、休む出したら止まらない、そんな感じですね。

     

    では、どうやって保ち合い相場に立ち向かえばいいのでしょうが。先人の知恵を借りるなら「保ち合いに付ける薬は無し。」なんです。保ち合いでどうやって稼ぐかを考えるよりも、保ち合いは相場には出来るだけ巻き込まれないようにするのです。この前提を十分に踏まえた上で「保ち合い相場の対処療法」をご紹介します。

     

    1、保ち合い上限下限からの逆張り
    2、保ち合いの上下幅があるときは、中心から上限下限までの逆張り
    3、保ち合い上抜け(下抜け)失敗からの、保ち合い復帰の反転狙い
    4、保ち合い離脱を確認後の順張り

     

    などです。それでも、保ち合いの上下幅100円以内では、デイトレでも難易度がアップします。保ち合いチャートをじっと監視していると、この後に何か起きそうだ!」「嵐の前の静けさかも知れない!」「保ち合いの抜けに付くぞ!」という気持ちになります。こうなると負けはもう約束されたようなものです。(^^;)

    「何か起きたら考える。動いてからでも遅くない。」という余裕を持ちましょう。その為には、引き出しの多さが必要かもしれませんね。いつでも取れるから焦らなくていいよ。と思えれば、さらに冷静にチャートを見ることが出来るようになり、無駄な監視時間が減ってきます。

    保ち合いでボロボロに負けた頃に、トレンドがやってくるものです。ボロ負けした後では、せっかくのチャンスにリスクを取れなくなり、結局儲かりません。

    以下、動画でも解説しておきましたので、参考にしてください。

    | - | 11:19 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    無料メルマガ

    毎日1分!
    225先物で成功する
    為のメルマガ
    登録・解除はこちらから!
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE